ご飯タイム

【赤ちゃんの哺乳瓶拒否克服法】私が試した目からウロコの3つの方法!

哺乳瓶を咥える赤ちゃんとお母さん

壮絶な痛みを乗り越え、やっと会えた我が子。

出産という、命懸けの大仕事。

少しゆっくり眠って体を休め…る間もなく、
24時間体制の育児がスタートします!!

私は無知なもので、
産後すぐに母乳がピューピュー出るものと思っていました。

実際は、産後すぐは滲む程度。

分泌が増えるまでは、哺乳瓶を使ってミルクを足します。

生まれたての赤ちゃんも、哺乳瓶から上手に飲みます。

ようやく母乳育児が軌道にのってくるのは、生後2~3ヶ月。

その頃には完全母乳に移行しているママも多いはず。

赤ちゃんの生活リズムも整ってきます。

育児に追われていたママも、
「そろそろひと息つきたいな♪」なんて思う頃ですね。

「実家に子どもを預けて、美容院に行きたい!」
と、久しぶりに哺乳瓶でミルクをあげてみると…

「ふんっぎぃやぁぁぁああ~!!!!!」

全身で哺乳瓶を拒否する我が子。

ガ━l||l(0Δ0)l||l━ン

なんで…なんでなの…
生まれたてのとき、あんなに上手に飲んでたじゃないの…

そんな突然の哺乳瓶拒否に直面した私が実際に試して効果があったのは、

  • 哺乳瓶とミルクの種類を変える
  • ハイテンション&スクワット
  • 脱力モード

この3つです!

突然の哺乳瓶拒否を解決した3つの方法

泣いている赤ちゃん

その1 哺乳瓶とミルクの種類を変えてみる

哺乳瓶はメーカーによって、乳首の形や質感がさまざまです。

赤ちゃんによって好みが分かれるところなので、
何種類か試してみたいところ。

ちなみにうちの子はNUK(ヌーク)が唯一OKでした!

ミルクの味が好きではない可能性もあります。

お試しパックなど少量のものも売っているので、
メーカーを変えて試してみましょう。

ミルク全般がだめで、
搾母乳にしたら哺乳瓶から飲んだ!なんてこともあります。

その2 ハイテンション&スクワット!(かなりきつい)

飲んでくれないからとママが難しい顔をしていると、
赤ちゃんのご機嫌はますます悪くなってしまいます。

ここは無理やりでも、ハイテンションに!

左腕に赤ちゃんを抱えて立ち、
テンションの上がる歌を歌いながら
縦揺れノリノリで飲ませてみる!!

哺乳瓶に不機嫌になっていた赤ちゃんも、
楽しくなってキャッキャと笑っているうちに気がまぎれて
気づいたら飲み始めることもありますよ!

ただしこれ、相当きついです。

もはや筋トレです。

それでも、成功したら万々歳!!

その3 疲れたら脱力モードで試してみる

その2で紹介したハイテンション作戦、
心身ともに疲れます。

これやっても全然飲まないと、ドッと疲れて終わりです(汗)

そんなときは無理せず、脱力モードに切り替えましょう。

具体的には

  • バウンサーなどに寝かせたまま哺乳瓶をくわえさせてみる
  • 好きなテレビを見せながら哺乳瓶をくわえさせてみる

これが意外に成功率高めです。

「え、じゃあ最初からこれでいいじゃん」
って思いました?(笑)

その通りですが、ハイテンション→疲労困憊→からの脱力が、
成功した時の達成感が半端なくておすすめです♪

まとめ

うちの子が哺乳瓶拒否になったときには、
とにかくいろいろ試してみました。

その中でも効果があったのが、

  • 哺乳瓶とミルクの種類を変えてみる
  • ハイテンション&スクワット!
  • 疲れたら脱力モードで試してみる

でした。

 

考えに考え抜いた方法が成功したり、
疲れきって手を抜いたときに成功したり、
赤ちゃんの性格やご機嫌、タイミングで十人十色です。

どれもこれもうまくいかなかったら、
一旦諦めてしばらく母乳育児を頑張るのもアリですよ。

我が家は1ヵ月のお休み期間を経て、
上記の方法を試したら案外あっさり克服しました。

今では哺乳瓶ラブ。

だっておっぱいよりゴクゴク飲めるもん!
と言いたげです。

どの方法がヒットするかわかりませんよ!

是非試してみてくださいね♪

-ご飯タイム

Copyright© 子育ての覚書 , 2019 All Rights Reserved.