マタニティライフ

【妊娠中の体重管理】安産につながる体重管理の3つのポイントとは!?

妊婦さん

妊娠してから体重増加が止まらない…体重管理に悩んでいませんか?

  • 「妊娠してからそんなに食べていなくても太る」
  • 「赤ちゃんの分も!と思って食べていたら体重が増えすぎた」
  • 「妊婦健診のたびに医師から体重を注意される…」

ひと昔前は、妊娠すると

「ふたり分食べなさい!」なんて言われたものです。

今では妊娠中の体重管理が見直され、
妊婦健診にいくと「体重増加注意!」
厳しく指導されることもしばしば。

それにはちゃんとした理由があります。

妊娠中の過度な体重増加は、
妊婦さん自身や赤ちゃんを危険にさらします。

妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群、巨大児のリスクが高まり
自然分娩が難しくなることもあります。

また、増加が少なすぎても
低出生体重児分娩や切迫流産、切迫早産のリスクが高まります。

増えすぎてもダメ、少なすぎてもダメ。

なかなか難しいですよね。

でも、逆にとらえると

「適切な体重管理=安産」

とも言えるのです!

ママのためにも、赤ちゃんのためにも
体重管理をしっかりして、安産を目指しましょう♪

そこで今回は、体重管理のポイントを3つ紹介します。

ズバリ、

  • BMIを確認する
  • 食生活を改善する
  • ストレス発散方法を考える

この3つです。

では、それぞれ詳しくみていきましょう!

体重管理でお産のリスクを軽減!3つのポイント

体重計

その1.BMIを確認し体重の目標値を知る

まず初めに確認するべきなのが、自分のBMI

BMI(ボディマス指数)は、

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

で求められます。

厚生労働省が推奨している体重増加量の目安は、
低体重(BMI18.5未満):9kg~12kg
普通体型(BMI18.5~25.0未満):7kg~12kg
肥満(BMI25.0以上):医師による個別判断

となっています。

 

肥満の場合は医師の個別判断ですが

出産まで1キロも増やさないこと

なんて言われる人もいるんです。

出産時の赤ちゃんの体重が3kg(3,000g)前後として

そのほかに胎盤や羊水、皮下脂肪も増えるので
「1キロも増やさない」というのは
つまり、痩せろということですよね(笑)

厳しいようですが、これも安産のための指導です。

その2.食生活を改善しよう

妊娠中に推奨されている摂取カロリーは、
妊娠前と比べて

妊娠初期で+50kcal、妊娠中期で+250kcal、妊娠後期で+450kcal

になります。

ただし、このカロリー分は意識しなくて大丈夫。

ショートケーキのカロリーが約350kcalですから、
おやつ一回で十分超えてしまうくらいの量と言えます。

 

気にするべきなのは、カロリーではなく栄養面

妊娠中は、バランスよく食べることを意識しましょう。

特に赤ちゃんの成長を助けるビタミン・ミネラルは大切です。

妊娠中のママは貧血になりやすいので、
鉄分を多く採れる食材も取り入れましょう。

また、やりがちな失敗は主食を抜いて
体重をコントロールしようとすることです。

炭水化物は、妊婦さんにとって必要なエネルギー源。

ママと赤ちゃんの健康のためにも
妊娠中の無理なダイエットはやめましょう。

栄養面たっぷりな食事を規則正しくとると
自然と過度な体重増加を防ぐことができますよ。

その3.「食べる」以外でストレス解消しよう

ウォーキングする女性

妊娠中はつわりで体調が優れなかったり、
生ものやお酒を控えなければいけなかったり、
制限されることばかりで我慢の連続。

そんなストレスを解消するために
ついつい甘~いお菓子に手が伸びてしまいますよね。

お菓子やジュースは糖分が多い割に
栄養はほとんどないので、なるべく控えたいもの。

食べること以外のストレス解消法を見つけましょう!

 

手軽にできて体にいいのは、適度な運動です。

毎日30分程度のお散歩は、気分転換にもなりますよ♪

無理の外に出なくても、家事も立派な運動です。

拭き掃除をして体を動かせば、
運動しながら家もきれいになって一石二鳥!

気分も紛れて食べ過ぎないので、いいことだらけですね♪

まとめ:安産への近道は体重管理にあり!

  1. 「体重の目標値を知る」
  2. 「食生活を改善しよう」
  3. 「食べる」以外でストレス解消しよう

私自身、つわりが落ち着いてから食欲が暴走!

一気に体重が増えて医師に注意されました。

気持ちを入れ替えて暴飲暴食をやめてからは、
むしろストレスが減って体調がよくなりましたよ。

そのかいあって、初産では珍しいスーパー安産でした☆

あなたも今日から実践して、
健やかなマタニティライフを送ってくださいね♪

-マタニティライフ

Copyright© 子育ての覚書 , 2019 All Rights Reserved.