いやいやタイム

【お菓子を欲しがって大泣き!】お菓子くれと泣く子供に効果があった3つの方法

駄々をこねる子供

あなたは「子供におやつ食べたい!と大泣きされる…」と悩んでいませんか?

  • 「お菓子をあげるまで永遠に泣き続けている…」
  • 「お菓子をあげたらご飯を食べてくれなくなる」
  • 「お出かけの時に大泣きされると周りの目が気になる…」

私の娘は、お菓子の美味しい味を覚えてしまい
常に欲しがるようになってしまいました。

離乳食が始まった頃は、
薄い味のせんべいなどからはじめました。

ですがどんどん成長していくと、
いろんなものを食べさせるようになりますよね。

スーパーでお買い物していると、
娘は必ずアンパンマンのお菓子を欲しがります。

お菓子コーナーを避けて買い物していても、
あっち!あっち!とお菓子コーナーの方を指差してギャン泣きでした。

ですのでついつい買ってあげてたのですが、
そのせいもあるのか標準体重より大きめなんです。

もともと大きめで生まれたのもありますが、
肉付きがものすごくいいです(笑)

むっちりしていて可愛いのですが、今は良くてもこのまま、
食べたい時に食べちゃう癖がついたら嫌だなと思い制限するようにしました。

おやつの時間ならもちろんいいんですが、
そうじゃない時間にも欲しがるんですよね。

ダメ!と言ったらギャン泣きするけど、
すぐあげてたら、泣いたらもらえると思っちゃうし…

そんな時にどうにかしようと思って試した方法の中で、
効果があった3つの方法をご紹介します♡

その方法とは、

  • おやつの時間を言い聞かせる
  • お菓子と関係ない質問をする
  • 普段触れないものを渡す

この3つです!

これら3つを意識すると、
「お出かけの時もギャン泣きされるかも…」
という心配もなくなりますよ♪

お菓子を欲しがらなくなる!効果があった3つの方法

時計を持つ子供

その1.おやつは◯時と◯時だよ!と言い聞かせる

娘はまだ1歳5ヶ月ですので、何時だよ!!
と言い聞かせてもわからないとは思います。

ですが、言い聞かせることを続ければ
そのうちわかってもらえると思ってずっと言ってます。(笑)

例えば時計を持ってきて、
針がこの数字になったらね!」とか、
◯◯が終わったらね!」とか
具体的に言うようにしてます!

最初は返事だけはするものの、
今お菓子をくれないとわかったらぎゃー!!!
と泣いてましたが、今ではちゃんと時間まで待てていますよ。

たまに集中が切れるとお菓子のことを思い出しちゃうので、
「せめてアンパンマンは見せてあげよう…」(笑)と
テレビを一緒に見たり、
お気に入りのブロックで一緒に遊んだり
して時間まで何とか耐えています…(笑)

その2.食べたいかどうか質問した後に違う質問をしてみる!

おもちゃで遊ぶ赤ちゃんと母親

私は一番これが効果あったかなーと思います!

まず、お菓子をよこせとギャン泣きしている娘に対して質問します。

私:「お菓子食べたいの?」
娘:「うん!」

私:「そっかぁ〜でもまだおやつの時間じゃないよねっ?」
娘:「うん!」

私:「じゃあ15時になったらお菓子食べる?」
娘:「うん!!!」

私:「じゃあそれまでママとブロックして遊ぶ!?」
娘:「うん!!!」

これで終了です。

娘に質問すると、
まだ「うん」しか言えないのでそれを利用してます(笑)

「ダメ!」とか、
「まだおやつの時間じゃないでしょ!」
と言うんじゃなくて、

一回共感して、質問して返事してもらう

ことが大切なんです!!

家庭によって違うとは思いますが、
私はこの方法に出会ってからは
「おやつあげるまで永遠にギャン泣きタイム」
になることはありません!!

その3.普段あんまり触ったことないものを渡してみる

赤ちゃんは新しいもの大好きです。

お菓子が欲しくてギャン泣きしているときに、
いつも遊んでいるおもちゃを渡されても
「それじゃない〜!」と床に投げつけられます…。

そこで、いつもは触りそうになると阻止しているもの
を逆に渡してあげてます
(笑)

例えば娘のボディケアのアイテムとか、
ベビー用のコーム、腕時計とかパパのゲームのコントローラーなどなど。

もちろん監視の上で!

いつもは触れないもので遊べるぞ♡と、
うちの娘はお菓子のことを一瞬で忘れてしまいます(笑)

それに飽きた頃には、もうお菓子の存在も、
欲しがっていたことすら覚えていません!!

まとめ:ダメ!と言わず「お菓子はおやつの時間のもの」と言い聞かせよう!

  1. 「おやつは◯時と◯時だよ!と言い聞かせる」
  2. 「食べたいかどうか質問した後に違う質問をしてみる!」
  3. 「普段あんまり触ったことないものを渡してみる」

私も初めはすごく悩んで、イライラしてしまったりもしました。

泣いたらすぐに何かあげちゃう、
娘大好きで甘い旦那を心の中でちょっと恨んだり。(笑)

ですがこの3つを試していると、言葉がまだ理解できていないはずの娘も、
どういうことなのかちゃんと分かってくれています!!

気まぐれなのかもしれませんが、
「きちんとおやつの時間まで待ってくれる」ようになりました。

「ダメって言ってるでしょ!?」なんて言ってしまっていたあなたも、
これを試せば毎日穏やかな心でおやつの時間を過ごせると思いますよ!

用意するものも何もありません。早速今日から試してみてくださいね♡

-いやいやタイム

Copyright© 子育ての覚書 , 2019 All Rights Reserved.