健康

ぷるぷる赤ちゃん肌をいつまでもキープする3つのスキンケア方法

ベビー用品

子育て中のあなた、「赤ちゃんの肌トラブル」に悩んでいませんか?

  • お肌がカサカサに乾燥している
  • 赤いブツブツの湿疹が顔にたくさんできちゃった
  • からだを痒がって機嫌が悪い…

赤ちゃんのお肌は何もケアしなくてもぷるぷる♪

なんて思っていると大間違い。

お肌の薄さが大人の半分ほどしかないので
とってもデリケートなんです。

放っておくとすぐに肌トラブルが!!

これからやってくる寒~い冬は
大人でも乾燥が気になる季節ですよね。

まだ赤ちゃんだからと油断せずに
0才からしっかりとお肌のケアをしてあげましょう♪

赤ちゃんは産まれてくるとき
『胎脂』という脂肪分に覆われています。

皮脂の分泌も盛んな時期なので
乾燥しにくく肌トラブルとは無縁。

ただし、生後1~2ヵ月頃には胎脂の保湿効果もなくなり、
皮脂の分泌も少なくなっていきます。

肌トラブルの起きやすいこの時期に
突然「顔中に湿疹ができちゃった…!」
なんて大ショックを受けないためには

新生児期からのケアが大切です。

ブツブツと湿疹がたくさんできたり、
赤みが出て痒がっていたりすると、
かわいそうでママも辛いですよね…

でも、きちんとお肌のケアをしていれば
肌トラブルの予防・改善ができますよ!

さらに、0才からからしっかりケアすることで
将来の美肌の基礎がつくられるので、いいことづくし♪

  • しっかり洗って清潔に
  • やりすぎくらいの保湿
  • 紫外線対策も怠らない

これらのスキンケア法は忙しいママでも
毎日手軽にできるのでぜひ試してみてくださいね♪

赤ちゃんを肌トラブルから守る3つのスキンケア

赤ちゃん

その1.きれいに洗って清潔に

皮脂や汚れが残ったまま保湿をすると
かえって肌トラブルの原因をつくってしまいます。

まずはしっかりと洗浄して
清潔を保ちましょう。

赤ちゃんのお肌はとっても敏感なので
低刺激の洗浄料を使います。

赤ちゃん用につくられた
泡で出てくるタイプがおすすめです。

液体タイプなら、泡立てネットを使って
きめ細かい泡を用意してから洗いましょう。

洗う時には指の腹を使って、
お肌を傷つけないように気をつけます。

腕や足のくびれや耳の周りは
洗い忘れが多いので要注意!

お湯の温度は38度くらいにして
流し忘れがないようにしっかりすすぎましょう。

その2.塗りすぎ!?と思うくらい保湿する

保湿剤はクリームや乳液などいろいろなタイプがあります。

季節や赤ちゃんの肌に合わせて選びましょう。

塗るタイミングはお風呂上がりが最適です!

ただしお風呂のあとは乾燥しやすいので、
上がってから15分以内を目安に手早く保湿。

顔やおなか、背中、手足、お尻など
部分ごとに保湿剤を塗っていきます。

塗る量は、ティッシュがくっつくくらい
「しっとり多めに」
がポイントです。

洗う時と同じで、忘れやすいのが腕や足のくびれや耳の周り。

くびれは手で輪っかをつくって
クルクルと回しながら塗るといいですよ♪

その3.紫外線対策を怠らない

UVケア

乳幼児期の紫外線対策の重要性が見直されて
今では新生児期から使える日焼け止めも売っています。

紫外線を浴びすぎると皮膚がんなどのリスクが高まり
シミやシワの原因
にもなります。

大人だけでなく、赤ちゃんにも
お出かけの前には日焼け止めを塗ってあげましょう。

月齢に合った、お肌に優しいものを選ぶのを忘れずに。

併せて、UVカット効果のある帽子などもおすすめです♪

ただし、基本的に紫外線の強い時間帯は
赤ちゃんを外に連れ出さないことを意識しましょう!

毎日の簡単スキンケアでぷるぷる赤ちゃん肌をキープ♡

  1. 「きれいに洗って清潔に」
  2. 「塗りすぎ?!と思うくらい保湿する」
  3. 「紫外線対策を怠らない」

この3つを毎日実践したことで我が子は肌トラブル知らず!

羨ましいくらいのぷるぷる肌をキープしています。

あなたも是非、実践してみてくださいね♪

-健康

Copyright© 子育ての覚書 , 2019 All Rights Reserved.