健康

【風邪予防】子供の風邪をもらわない!元気なママでいるための3つの対策

風邪をひいている女性

子育て真っ最中のあなた。

「子どもの風邪がいつも自分にうつってしまう!」と悩んでいませんか?

気温が下がって空気が乾燥するこれからは、
感染症が流行する季節です。

集団生活を送る子どもたちは、保育園や学校で
次々と感染症をもらってきます。

子どもが熱や咳で苦しそうにしていると
かわいそうで胸が痛みますよね。

ところが、一生懸命子どもの看病をしていたら
ママにもうつっちゃった!

なんてことは、よくあります。

ママが寝込んでしまったときに
代わりに看病や家事を頼める家族がいればいいですが、
そうでなければ大変です。

ここでは、子どもの風邪をもらわずに
いつも元気なママでいられる方法をご紹介します♪

  • いつでもマスクをつける
  • こまめな手洗いうがい
  • 免疫力をつける

この3つ!

当たり前のことばかりですが、
もう一度確認していきましょう!

子供から風邪をもらわないための3つの方法

手洗い マスク

その1.昼も夜もマスクを着けよう

風邪は咳やくしゃみによる飛沫感染と、
ウイルスのついた手で鼻や口に触る接触感染でうつります。

ママがマスクをすることで、子どもの咳やくしゃみによって
飛沫感染するのを防ぐことができます。

風邪をひいているお子さんがマスクを着けるのがベストですが
月齢の小さい赤ちゃんなどは難しいですよね。

また、人は無意識のうちに自分の顔に触れているものです。

マスクをすることで鼻や口を触るのを防いで
ウイルスの感染経路をシャットアウトできます

夜眠るときにもマスクを着けましょう。

慣れるまで少し息苦しいかもしれませんが、
喉を保湿することもできて、風邪予防には効果大です!

その2.こまめに手洗いうがいをしよう

接触感染を防ぐために、とにかく
こまめに手洗い、うがいをすることが大切です。

併せてアルコール消毒をするとより効果UP☆

手洗いは石鹸をつけて、指の間や爪の間までしっかりと

 

うがいも、正しい方法でしなければ意味がありません。

まずは口の中をぶくぶくゆすぎます。

次に「おー」と声を出しながら喉の奥まで
ガラガラ15秒ほどうがいします。

外から帰ってきたあとや食事の前後、
その他でも、気づいたときにこまめにうがい手洗いをして
ウイルス除去を心がけましょう。

その3.栄養&休養で免疫力アップ!

風邪予防

子どもがいるとつい自分のことを疎かにしがちですが、
風邪予防には栄養たっぷりの食事と良質な睡眠が大切です。

普段から栄養バランスのよい食事をとって、
しっかり眠って体を休ませることで
免疫力がアップし、風邪のウイルスを撃退できます。

ママが自分を大切にすることは、結果的に

元気をキープして家族を守ることにつながりますよ♪

まとめ:たった3つの対策で、風邪をひかない体をつくる!

  1. 「昼も夜もマスクを着けよう」
  2. 「こまめに手洗いうがいをしよう」
  3. 「栄養&休養で免疫力アップ!」

子供は生後半年ほど、ママから受け継いだ免疫がありますが
1才前には効果が切れて全く免疫がない状態になります。

しかも風邪のウイルスは実に100種類以上存在します。

こんなに数多くのウイルスに次々と感染するので、

  • 保育園に行き始めたら風邪ばかりひいている
  • やっと治ったらまた風邪をもらってきた!

と、頭を悩ませることになってしまうんですね。

でも、風邪をひくのは悪いことばかりではありません。

ひとつの風邪を乗り越えると
そのウイルスに対する抗体ができます。

これを何度も何度も繰り返して、
子供は風邪をひかない強い体に成長していくのです。

子供の風邪は強い体をつくるため!と
前向きに考えて、しっかり看病してあげましょうね☆

一番子供のそばにいるママだからこそ
子どもの病気をもらってしまいがち。

でも、ママの元気は、家族の元気☆

しっかりと風邪予防の対策をして
いつも元気なママでいましょうね♪

-健康

Copyright© 子育ての覚書 , 2019 All Rights Reserved.