おやすみタイム

【夜泣きで疲れた…】朝までグッスリ寝てくれるベビーマッサージのやり方

赤ちゃん 泣き顔

あなたは「赤ちゃんの夜泣きに」悩んでいませんか?

  • 夜泣き出したら寝るまでに時間がかかってしまう。
  • 授乳だけでも大変なのに、ずっと泣かれると体がもたない。
  • 朝まで寝てくれたら、どんなに楽だろう。

と感じてませんか?

私自身も夜中の夜泣きで寝れず寝不足になりました。

そんな「赤ちゃんの夜泣き」に悩んでいるあなた。

ベビーマッサージを試してみませんか?

我が子は、ベビーマッサージをすると
夜びっくりするほど寝てくれていますよ!

ベビーマッサージで夜泣きを改善!?3つのポイント

ベビーマッサージ

その1.ベビーマッサージの効果

ベビーマッサージの効果はとってもすごいです。

ベビーマッサージを通して親子の絆を深めつつ、
子どもの発達を促すことができるんです!

ママの手と赤ちゃんの肌が直接触れ合うことで、
赤ちゃんは愛情を感じ安心します。

また、肌の触れ合う刺激が脳の発達を促します。

 

もちろん、ママにも効果があります!

オキシトシンという愛情ホルモンが分泌されます。

これは情緒を安定させてくれるのでストレスを緩和してくれます。

さらに、リンパの流れが良くなって血行が良くなるので、
赤ちゃんの免疫力があがります!

そして、お腹のマッサージは便秘解消にもつながります。

ベビーマッサージマッサージすることで、
心も体もリラックスできますよ!

その効果でぐっすり眠るようになり、
夜泣きをしなくなります!

我が子は、実際マッサージをしたら
いつもより眠りがかなり深くなりましたよ!

その2.ベビーマッサージのやり方

ベビーマッサージをする前に、お部屋を整えましょう。

赤ちゃん裸になるのでお部屋を暖かくします。

携帯は鳴らないようにマナーモードにし、
静かな空間にしましょう。

でも、オルゴールやヒーリング系はオッケーです。

ママも癒されますよ!

始める前は必ず「マッサージするね」と声をかけて
びっくりさせないようにしてください。

 

マッサージする時は、
難しいですがやり方を本やネットで見ないこと!

見てしまうと、赤ちゃんと向き合えません。

マッサージを始める前にしっかりと覚えておきましょう!

準備するもの

  • オイル、もしくはクリーム
    (赤ちゃんの肌に合うが事前にチェック!)
  • バスタオル

ベビーマッサージの手順

まずは、心臓に遠い足からスタート!

片方ずつ足をとったら、太ももから足首の方に向かって、
なでるようにマッサージします。

左右3回ずつ繰り返します。

両手で片方の足を持って、
ぶるぶると震わせながら優しく撫でおろします。

股関節や関節はまだ柔らかいので、優しくしてくださいね!

お腹

次はお腹です。

手のひらをお腹に交互に当てます。

おへそから下に向かって、両手が重なるように下ろします。

お腹を両手のひらで、時計回りにマッサージします。

「の」の字を書くイメージ!
(各3回ずつ)お腹のマッサージが便秘解消に!

次は胸です。

胸の中心に両手のひらを置いて、
真ん中から外側に向かってハートを描くように
優しくマッサージします。

次に、赤ちゃんの右胸から左肩に向けて斜めになでて、
上げたらおろします。(左右3回ずつ)

背中

最後は背中です。

赤ちゃんをうつ伏せにします。

両手の指で真ん中から肩甲骨にむけて、
羽を描くように丸くなでてあげます。

手のひらで背中全体をなでて、
そのままお尻を通って足先まで手を動かします。
(3回)

 

私が行なっているベビーマッサージの手順は以上です。

その3.寝る前のベビーマッサージで夜泣き解消!

眠っている赤ちゃん

ベビーマッサージを行なっている最中は
胸を開くマッサージが多いです。

これは、胸を開くことで
深くゆったりとした「呼吸」を促します。

 

マッサージによって深い呼吸を促すことで、
リラックスできて深い眠りにつくことができます。

寝る前のマッサージにピッタリです!

 

寝る前に、お部屋の照明を少し暗くして
マッサージしてあげましょう。

クリームよりオイルがいいです!

たっぷり塗ってマッサージします。

お布団の上にバスタオルを引いて、
ごろごろさせてあげるとマッサージ中に寝ちゃいます。

まとめ:マッサージで夜泣きが改善できちゃいます!

私自身ベビーマッサージと出会うまでは、
夜に夜泣きがあり疲れ果てていました。

マッサージをするようになってからは夜泣きは無くなりました!

本当に効果に驚きますよ!

赤ちゃんが朝まで寝てくれて、
ママのあなたも快適に朝を迎えることができますよ!

ぜひ!ベビーマッサージ実践してみてくださいね。

-おやすみタイム

Copyright© 子育ての覚書 , 2019 All Rights Reserved.