マタニティライフ

【元アスリートの妊娠】過激な運動による無月経や生理不順でも子供を授かれた!

赤ちゃんの脚

幼い頃から過激な運動を17年続けてきました。

当時、無月経や生理不順は当たり前。

引退したら普通に戻るだろうくらいに軽く考えてました。

 

引退したのは23歳。

その後も生理不順は治りませんでした。

さすがに「将来、不妊治療をしなきゃいけないのか」
と悩みました。

そんな生理不順と長年付き合ってきましたが、
36歳で自然妊娠することができました。

過去の経験や妊娠するまでの生活を紹介します(^^)

妊娠するまでにやってきた3つのこと

体温計

その1.産婦人科との出会い

初めて産婦人科にかかった理由は、
無月経でも生理不順でもありませんでした。

中学3年の頃、練習中に恥骨を怪我し産婦人科を受診しました。

これが、産婦人科との出会い(笑)

 

怪我はそこまで重症ではなかったのですが…
中学3年生で初経が来てないことを心配されました。

過激な運動のせいで生理がこないことはわかっていました。

先生は「将来の為に、一度生理を起こしましょう」と。

注射を打ち、その数週間後、本当に初経がきました。

衝撃的でした!!

こんなにも簡単に来るものかと!!

産婦人科の先生から不安なら通院するよう言われましたが
注射して来るなら、いつでもいいか~
くらいな感じで通院はしませんでした。

 

案の定、その後は自発的に生理は来ず。

高校に入ってからは年に1回の注射で生理を起こすだけ。

高校3年間で生理がきたのは3回でした。

大学に進学してからは地元を離れたので
1度も受診することはありませんでした。

大学に入って、数回は自発的に生理がきたけど
4年間で数える程度でしたかね~(汗)

大学卒業後も生理不順は治ることなく何度か産婦人科に通いました。

その2.生理周期を整える

社会人になり生理不順は相変わらず。

2~3か月に1回が生理周期でした。

 

30歳から当時の彼氏と同棲を始めました。

いつ子供ができてもおかしくない状況。

少しずつ生理不順が気になるようになり、
2か月生理が遅れると妊娠検査薬で検査していました。

もちろん陰性…何だか複雑な気持ちでしたね。

生理は来ない。

検査薬は陰性。

 

再び、産婦人科を受診することにしました。

産婦人科の検査結果は子宮は特に問題なし。

妊娠を望むなら、詳しい検査もあると言われましたが
結婚しているわけでもないし…
ということで、検査は見送り。

産婦人科からは、今後のために

  • 基礎体温を毎日計測すること
  • ストレスをなくすこと
  • 生理周期を整える薬もある

と、アドバイスされました。

 

次の日から基礎体温をつけたり

友達にすすめられたサプリを飲み始めました。

ストレスは…そう間単になくなりません(涙)

5年同棲しましたが、妊娠もなかったし
生理不順は相変わらずのままで、終いには別れ、
ストレスだけが残りました…

その3.ストレスのない環境作り

ストレスレス

35歳で彼氏と別れストレスだらけの日々。

基礎体温もつけ続けていましたがガタガタ・

それも不安要素となっていましたが
いつか役立つ日のためにつけ続けていました。

 

新しく始めた仕事は、遅出の仕事でした。

帰宅は夜10時過ぎることも。

生理不順が治らない生活を送っていました。

そんな毎日でしたが、
36歳になり彼氏ができ結婚を前提とするお付き合いを始めました。

急展開で結婚話が進み、1年後には結婚へ。

 

旦那さんには生理不順で妊娠しにくいことを全て話し、
それでも受け入れてくれました。

退職し同棲始めて2か月。

早寝早起き健康生活。

ノンストレスの毎日。

 

驚くことに、生理が35周期で2回連続来ました。

ノンストレスって最強!!
って感動しました。

旦那さんに生理が順調なことを伝え
「自然に授かれるといいね~」
って話してました。

基礎体温や生理周期管理アプリの排卵日情報は
チェックして旦那さんに伝えてました。

 

同棲して4か月目。

また生理が送れ、
「そう簡単に正常には戻らないか~」
と落ち込んでいました。

が…それは生理が遅れているのではなく

な!!なんと!妊娠していたのです。

不妊治療を覚悟していたので二人で大喜びでした(^^)

まとめ:過去の経験や妊娠するまでの生活

過激な運動により生理不順になり
引退後も生理不順に悩まされましたが

無事に妊娠できました。

  • 過激な運動のせいで生理不順だとわかっていても産婦人科は受診しておいたほうがよい。
  • 妊娠を希望している場合は詳しく検査してみる。
  • 基礎体温は将来の為につける習慣を。
  • 基礎体温や生理周期を管理するアプリなどを活用する。
  • 早寝早起き、健康的な生活を送る。
  • ノンストレスが何よりも最高の万能薬!!

幼少期からの過激な運動、ストレスだらけの生活。

いくつもの困難がありましたが無事に妊娠できました。

理由は違えど、
生理不順や無月経で悩んでいるあなたのほんの少しでも参考になれば嬉しいです。

-マタニティライフ

Copyright© 子育ての覚書 , 2019 All Rights Reserved.